Recent Posts

発掘&調査報告ニュースまとめ(メキシコ:Tahcaboの植生調査、15歳がgooglemapで遺跡発見)

発掘&調査報告ニュースまとめ(メキシコのTahcabo、15歳による遺跡発見)。発掘調査中のものや、今後発表されるニュースをまとめてみました。


◆メキシコのタカボ(Tahcabo)における植生に関して

「PACOY Project」において、「Rejolladas」を利用した植生の調査を行っているそうです。千個天気から現代までの植生を調査し、「Rejolladas」がどのように利用されてきたのかを明らかにするそうです。
※「Rejolladas」は、自然にできた穴。ユカタン地方では、石灰岩質の地質にできており、そこに自然に陥没した穴ができる。

(原文はこちら: http://popular-archaeology.com/issue/spring-2016/article/digging-the-secrets-of-maya-gardeners-in-the-yucatan)


◆15歳によるGIS利用によるマヤ遺跡発見

カナダのウィリアム君(William Gadoury)、15歳がなんと星座の配置からマヤ遺跡を発見したそうです。それもグーグルアースを利用して確認したそうです。
ウィリアム君の確認では、117のマヤ都市が、星座の配置と一致しており、そこから新たなマヤ都市の可能性を見出し、グーグルアースを確認すると実際に、そこには遺跡の痕跡があったそうです。(下図)


今回のような衛星画像を使用した調査(GIS)は、考古学でも一般的な作業と実はなっています。発掘地域をいまや衛星で調査しているのです。そして限られた予算内で、集中して調査するということのようですよ。今回のウィリアム君(William Gadoury)の調査が今後どのような展開となるのかが楽しみです!確認した星をどのように選定したのか?遺跡はどのような基準で選んだ可など、楽しみはつきませんね!最終的にはこのエリアの発掘につながってくれることを願います!!

マヤ地域は、まだ未発掘のエリアが多くあり、案外グーグルアースなどでも発見の可能性はあるかもしれません。政府が一部衛星画像に規制をかけているエリアもありますが、皆さんも探してみてください。

(原文はこちら: http://www.dailymail.co.uk/news/article-3582554/Canadian-schoolboy-discovers-lost-Mayan-city-comfort-bedroom.html)


発掘&調査報告ニュースまとめ(メキシコ:Tahcaboの植生調査、15歳がgooglemapで遺跡発見) 発掘&調査報告ニュースまとめ(メキシコ:Tahcaboの植生調査、15歳がgooglemapで遺跡発見) Reviewed by ixbalanque on 21:06 Rating: 5

0 件のコメント:

サイト内検索

Powered by Blogger.